飲み方

ワインのコーラ・オレンジ・アップル・葡萄ジュース割飲み比べ

更新日:

ワインとコーラ・オレンジ・アップル・葡萄ジュース割りカクテルを作って、それぞれ飲み比べをしてみました!

どれも非常に美味しかったです!私は一番好きなカクテルはずばりコレ!その理由とは?

ちなみにワインが苦手なヒトは、ジュースで割ってカクテルにすれば非常に飲みやすくなり、かなりその味にハマるやもしれません!(私のように。)

是非あなたも挑戦してみて下さいね。

お家で自分流のワインカクテルを作って、好きな作り方や味が確立できれば、バーや居酒屋に行っても、同じメニューを頼んだり、新しいメニューに挑戦(発見)したりする事も出来ます!

ちなみにワインのジュース割りカクテルはこんなヒト向きです。

ワインが苦手(ワイン独特の苦みや、熟成匂が苦手etc)
美味しくないワインが残ってしまい、処理に困った時
元々カクテルが好きなヒト

あわせて作り方もご紹介致します!

コーラ割り

ワインをコーラで割れば、"カリモーチョ"と云うカクテルが出来ます。

ワイン
まずは、赤ワインをグラスに注いで、

ワイン
コーラで割れば、

ワイン
スペインのカクテル『カリモーチョ』の完成です!

味は、ワインとコーラの味がマッチして非常に美味しかったです。

ワイン
具体的には、タンニンによる苦みがマイルドになって、フルボディのワインも、のど越しがマイルドになり、後味もすっきりとした感じの味わいに仕上がっていました!

基本コーラを飲みつつ、隠し味的にワインの味や風味を舌で感じる。そんな感覚です。
レモンを搾って入れるのも良いです。若者受けのする、ワインカクテルのカリモーチョです。

オレンジジュース割り

赤ワインにオレンジジュースを割れば、『ミモザ』と呼ばれるカクテルが完成します。

ワイン
まずは氷の入ったグラスに赤ワインをグラスの半分程度にまで注いで、

ワイン
後の半分を100%オレンジジュースを入れて割れば、

ワイン
ミモザカクテルの完成です!

味はフルーティな感じに仕上がり激うまでした。

ワイン
カクテルを飲んだ時に感じるワインの後味に、オレンジの柑橘系の酸味や風味が、ワインと非常にマッチして、飲みやすい風に仕上がっていました!

ワイン
ミモザは女性受けのするカクテルです。お家で楽しんだり、女子会にもぴったりのカクテルです!

アップルジュース割り

次に紹介するのが、ワインとアップルジュース割りのカクテルです。

ワイン
同じく氷入りのグラスの中に赤ワインを、お好みの分量で注いで、

ワイン
次に100%リンゴジュースを注げば、

ワイン
ワインのアップルジュースカクテルの完成です!

本当に色合いもカシス色でキレイです。

ワイン
味は、ワインの味をベースに、リンゴの甘酸っぱさが加わって、ワイン自体が非常に飲みやすくて、まろやかな物になっていました。

アップルジュース割りもまぁまぁ美味しかったです。

葡萄ジュース割り

赤ワインと葡萄のグレープフルーツジュース割りのカクテルにも挑戦してみました。
葡萄のお酒と、同じく葡萄のジュースとの共演です。

ワイン
グラスに赤ワインを注いで、

ワイン
お好みの分量で、グレープフルーツジュースで割ります。

ワイン
味は、ワインの葡萄の持ち味と、ジュースの葡萄の持ち味とが互いに喧嘩をせず、協調もしくは、ジュースがワインを引き立たせる。そんな感じの非常に飲みやすいワインに仕上がっていました!

まとめ

ワインをコーラ・オレンジ・アップル・葡萄ジュースで割って、カクテルにして飲み比べてみた結果、

ワイン
私が一番好きな飲み方は、オレンジジュースと割るミモザカクテルです!

オレンジの酸味と甘さが、ワインを飲んだ時の隠し味となって非常に美味しかったです。

やはりワインで割る場合は、コーラよりも、同じ原料で作られている果物系のジュースで割った方が、より美味しくなるような気がします。

同時にジュースで割れば、以下の事がわかりました。

ポイント

アルコール度数も12度前後のワイン➡ジュース割りで5%~6%程度に下がり飲みやすくなる
ワイン独特の熟成匂が弱まる
タンニンの酸味がまろやかな味わいになり、フルーティな味に変化する

その他にもワイン+オロナミンCや梅酒やカルピスやジンジャーエールで割っても、爽やかなカクテルが仕上ります。(赤ワイン以外にも白ワインやロゼワインを使っても良いです。)

赤ワインは健康に良いポリフェノール効果が期待出来ます。

一番良いのは、赤ワインをそのままで飲む方が、そのワインの特性を知る上で一番良いですが、ワインが苦手なヒトや、飲み残しの安くて美味しくないワインを処理するには、ジュース割りはもってこいです!

是非色々な楽しみ方であなたもご自宅で、ワインカクテルを作って楽しんでみてはいかがでしょうか?
美味しいワインのカクテルの味を発見しておけば、バーや居酒屋でも、同じメニューのワインのカクテルを楽しむ事が出来ますし、新しいワインカクテルのメニューの発見にも繋がりますー!

それと最後にもう1点注意点が有ります。
それはワインをジュースで割る場合の入れる順番です。

ワイン
ワインを先に入れて最後にジュースを入れるようにしないと、うまく混ざりません!

逆に、ジュースを先に入れて最後にワインを入れても下に沈まないですし、マドラーで混ぜてもうまく混ざらなかったです。(ワイン自体が重いのかもしれません。)

その一方で、ワインを入れてその上からジュースを入れた場合は、軽いのか?自然と下のワインの層に混ざって行きました。

うまく混ざらないと、味わいが100%ワインに近い味となり、かなりキツイ味わいになります。(よってワインが苦手なヒトは、混ぜる順番だけは気を付けて下されば幸いです。)

ワイン
現在ブログランキングに参加中です。"いいね""為になった""もっと良い記事を書いてね"と思ったあなたは、私への励ましの意味を込めて、以下のランキングバナーをクリックして頂ければ非常に嬉しいです。

にほんブログ村 グルメブログ フード&ワイン(グルメ)へ

スポンサードリンク

-飲み方
-, , , ,

Copyright© 生まれ年ワイン名入れ.com|還暦・成人式・結婚・定年祝いにどうぞ , 2020 AllRights Reserved.