飲み方

ワインは冷やした方がいいの?ふるのはなぜ?美味しく飲む方法伝授

更新日:

購入したワインやギフトで頂いたワインをご自宅でより一層美味しく飲む為の裏技をご紹介致します。

実際には、

ワインは冷やした方が良いの?
栓を開ける前に瓶をふった方がよいのはなぜ?
ワイングラスによっても味が変わる?

この3つの点をフォーカスして、今回はワインを美味しく飲む為の方法について、ご紹介致します。

ワインは種類によって適温が有る

ワイン
ワインは種類や、飲む時の温度変化によっても、味や香りに大きな変化が加わります。

基本的には飲む前に冷やしておくのがおすすめです。(特に夏場の暑い時期は!)

赤ワインの適温は14~18℃

一般的に赤ワインは常温で、一方の白ワインは冷やして飲むのが定説と言われていますが、実際にはそんな事はありません。

ワイン
理由は赤ワインにも美味しく飲む為の適温があるからです。一般的には14度~18度です。

実際にレストランで赤ワインを楽しむ場合は、当然ワインクーラーでオーダーが入る直前までワインセラーで適温状態に保存されていて、オーダー後にボトルをワインクーラーに入れたり、室内において適温になってからお客様にワインを提供するなどの、工夫がなされています。

ちなみに赤ワインでも種類によっても微妙に適温が違ってきます。

【フルボディ】15~20℃
【ライトボディ】12~15℃

ライトな飲み口の赤ワインの方が、フルボディの赤ワインよりも適温が低めになっています。

そして赤ワインの温度が適温よりも低くなると、飲んだ時にタンニンによる渋みが強く味に出ます。
逆に高いと、ぶどうの爽やかさやフルーティさが失われ、さらにアルコール分も蒸発してしまいます。

まとめ

よって赤ワインに関しては、真冬の寒い時期には暖房の効かない廊下で保存しておくのでも良いですし、それ以外の季節では、ワインセラーで保存しておいて、飲む直前に取り出して飲むか、冷蔵庫保存の場合は、飲む1~2時間前に予め冷やしておいてから取り出して飲むのが理想的です。

白ワインの適温は6~15℃

ワイン
白ワインの適温は、6~15℃と、赤ワインと比較して低めです。

白ワイン特有の酸味やフルーティな爽やかさは、冷やした方が味に締まり感が出て、より美味しく飲む事が出来ます。逆に温度が高くなると、まろやかな味わいになります。

また赤ワインは辛口しかありませんが、白ワインは辛口と甘口の2種類が有ります。
~味別の適温は以下の通りです。~

【甘口】6~8℃
【辛口】6~12℃

甘口の白ワインの方が辛口よりも、低めの温度で冷やした方が、美味しく飲めます。

まとめ

いずれにせよ、白ワインを楽しむ場合は、夏を中心に、きんきんに冷やし方が、白ワイン特有の酸味やフルーティ感を楽しむ事が出来ます。

スパークリングワインの適温は6~13℃

ワイン
スパークリングワインに関しても、白ワインと同様に適温は、6~13℃と低めです。

どうしても発砲性を帯びたワインの特性上、キンキンに冷やした方がより炭酸の泡や酸味が美味しくスッキリと舌で感じる事が出来ます。

逆に常温などで高くして飲むと、風味が損なわれやすいですし、何よりもコルク栓を抜いた時に、中の炭酸ガスが膨張し始めて、勢いよくワインが溢れだしてしまう危険性が有ります。

ワインは振った方が美味しくなる理由とは?

実はワインを飲む前にボトルを10秒間程振ってから飲んだ方が劇的に美味しくなります。

理由は、ワインの味は芳醇な香りで決まってくる為に、ワインを空気に触れさす事で、香りが一気によくなるからです。

特に1,000円前後の安いワインを飲む時に実践する事で、美味しさがより顕著になってきます。

その一方で1万円前後もする高級ワインは振る必要は有りません。

ワイン
理由は、熟成の過程で何年にもわたってコルクからワインに徐々に空気が入って行っているからです。

同様に、グラスに注がれたワインを飲む前に軽く振ったりするのもそうですし、
レストランで、瓶から一旦ワインをデキャンターに移してから提供してくれるのも、テーブルに運ばれて来たワインを各個人が、グラスに注ぎやすいといった理由も確かに有りますが、

ワイン
それ以外にも、ワインを空気に触れさせて、より美味しく飲む為の計らい目的なのです。

ただし1~2時間以内でデキャンターのワインを消費してしまうのであれば問題は有りませんが、長時間に及ぶ空気の接触は、ワインの酸化が進む原因になりますので、注意が必要です。

味によってワイングラスも変えた方が美味しくなる理由とは?

実はワイングラスにも通常のチューリップタイプの形の物から、細長いトールタイプの物まで、種類が色々有ります。

ワイン
それはそれぞれのワインの種類に応じて、美味しく飲む為の工夫がなされているからです。(ちゃんとした理由が有ります。)

グラスの持ち方

ワイン
ワイングラスの正しい持ち方は、ボウルの部分ではなく、ステム(脚)の部分を持つのが基本です。

ボウルの部分を持つと、指の温度がワインに伝わってしまい、味に影響が出るのと、何よりも指の指紋がついて、みっともない
からです。

薄いグラスがおすすめ

ワイングラスの形状は異なれど、基本的には無速透明で装飾のないシンプルな物を選ぶのがおすすめです。
さらに厚さ的には薄いグラスがおすすめです。

理由は、厚いとせっかく冷やしたワイン自体にグラスの熱が伝わり、ワインの適温が上昇する結果となるからです。
さらに飲み口の部分も薄い方が、唇をつけた時のワインの感触が伝わりやすくなるといったメリットも有ります。

チューリップ型の大きめグラス

ワイン
一般的なチューリップタイプの大き目のワイングラスには、赤ワインを飲む時におすすめです。

理由は、赤ワインは白ワイン程キンキンに冷やして飲む必要がないので、大き目のグラスに注いでも、さほど温度的に気にする必要が無いのと、空気に触れて、風味がより一層高まるといった最大のメリットも有ります。

さらに赤ワインでも、産地によっても微妙に酸味が強かったり、甘味が強かったりするので、ワイン通のヒトは、同じチューリップタイプのワイングラスでも使い分けをします。

ボルドーグラス
ボルドーワインのように、酸味が少なく甘味の強いワインに適しています。
間口が狭くなる事で、酸味と甘みがグラスの中に閉じ込められて、舌でそれらを感じやすくなります。
ブルゴーニュグラス
一方のブルゴーニュワインは、香りと甘味が強いワインです。
ボルドーワイングラスに比べて飲み口の部分が花開いた状態になっています。
この開いた部分の形状によって、口元にワインを近づけた時に一気に香りと甘味が広がる仕組みになっています。

チューリップ型の小さめグラス

一方で、同じチューリップ型のワイングラスでも小さめのグラスで飲むのに最適なワインは、白ワインです。

ワイン
白ワインは、冷たく冷やして飲むのが基本なので、小さいサイズの方が保冷に適しているのと、量的にも少ししか入らないので、冷たいうちに一気に飲めるメリットもあります。

トールグラス

一方で、スパークリングワインに適したグラスが、細長いフルートグラスです。

ワイン
フルートグラスは、空気に触れる面積が狭いので、炭酸泡が抜けにくいといったメリットと、グラスの内側についたしゅわしゅわ炭酸泡が縦長に、キレイに見えるメリットも有ります。

ソーサーグラス

ワイン
パーティー会場の乾杯時によく使われている、飲み口が広くて浅いグラスは、ソーサーグラスと呼ばれています。

このグラスも、シャンパンやスパークリングワインを飲む時に適しています。
このグラスだと炭酸が抜けやすいデメリットがある反面、少ない量で一気に飲む事が出来るメリットから、乾杯時によく使用されます。

まとめ

以上の通り、自分で購入したワインや、ギフトで頂いたワインをご自宅で、より一層美味しく飲む為の裏技をご紹介致しました。

ワインには適温が有り、基本的に赤/白/スパークリングワインは冷やして飲んだ方が良い
飲む前に瓶をふった方が空気に触れてワインが美味しくなる
赤ワインはチューリップ型グラス、白ワインは小さめのチューリップグラス、スパークリングワインは細いトールグラスに入れて飲むのがベスト

以上の事がわかりました。
是非あなたも、それぞれのワインの味や風味の特性を活かした、冷やし方・グラスの使い分けをされて、より一層ワインが美味し飲める工夫をなされてみて下さいね。

ワイン
現在ブログランキングに参加中です。"いいね""為になった""もっと良い記事を書いてね"と思ったあなたは、私への励ましの意味を込めて、以下のランキングバナーをクリックして頂ければ非常に嬉しいです。

にほんブログ村 グルメブログ フード&ワイン(グルメ)へ

スポンサードリンク

-飲み方
-, ,

Copyright© 生まれ年ワイン名入れ.com|還暦・成人式・結婚・定年祝いにどうぞ , 2020 AllRights Reserved.