保存方法

ヴィンテージワイン保存方法|プレゼントする際は?飲み残しの際は?

更新日:

ヴィンテージワインは長期熟成に優れたワインです。しかしその一方で保存方法を間違えると、いざ飲む時に本来の風味を保つ事が出来なくなり、"まずい"と舌で感じ取ってしまう危険性さえ有ります。

よって例え買ってすぐに飲まないとしても、正しい保存方法を知っておく必要が有ります。

そこで今回は以下のタイプ別に有効なワインの保存方法をまとめてみました。

ヴィンテージワインの基本的な保存方法
プレゼントで差し上げるまでの保存方法
自宅ですぐに飲まない場合の保存方法
全部飲み切れなかった場合の保存方法

ワインを美味しく飲む為の条件と基本的な保存方法

ワインは、樽の中で熟成されて出来上がった後に、瓶に詰められて、店頭に並べられた後に私たちのご自宅へと運ばれます。

ワイン
そして瓶に詰められた後も微生物などの酵母菌によって熟成が続きます。(つまり常に生きた状態になっています。)

よってお店で購入したり、プレゼントされて貰ってすぐに飲む場合は別として、すぐに飲まない場合は、適切な保存方法を実行しないと、いざ飲もうとした場合に、非常にまずくなっていて、せっかくの長期熟成保存に優れているヴィンテージワインも"台無し"と言う訳です!

そこでワインを美味しく飲む為の条件と、基本的な保存方法をご紹介致します。

ワインは極端に光を嫌い、酸化や日光臭の原因になります。

ワイン
照明器具の直下や、太陽光のあたる場所は避けて、暗室(廊下や納戸)に保存するようにします。

温度

温度に関しては、ワインの保存に理想的な室温は13~15度前後

ワイン
数日間のみの保存であれば、室温20~25度前後でもすぐに劣化する恐れは有りませんが、長期に渡り未開封のままで保存する場合は、13~15度前後の室温場所が理想的です。

逆に10度以下の極端に低い場所になると、今度は熟成が進まずに、味の不味さの原因にもなります。

湿度

ワインの保存に適した湿度は、65~80%です。

ワイン
冬場の乾燥時期は、キャップの部分のコルクが乾燥して縮み、そこから空気が中に入り、ワインの酸化原因にもなります。

よって特に冬場の乾燥した時期には注意が必要です。

置き方

実はワインの置き方にもポイントが有ります。

立てらして保存しておくと、コルク栓の部分が乾燥によって収縮して、そこの隙間から空気が入り、ワインの劣化原因になります。

ワイン
ちなみにワインセラーで、ボトルの底を手前にして、寝かせた状態で置くのは、同じようにコルクの乾燥を防ぐ為の目的です。(寝かせる事で、コルクにワインが染みわたります。)

匂い

コルク栓から中に匂いが移る危険性が有ります。

よって発酵食品などの匂いがキツイ物を傍に置いて保存するのはNGです。

振動

ワインは、ボトルの中で熟成し続けています。(いわゆる生き物です。)

あまり振動を与えたり振ったりするのは絶対にNGです。

ワイン
振動の少ない静かな場所で保存するようにしましょう!

ケース別保存方法

ココではケース別に知って得する、ヴィンテージワインの保存方法をご紹介致します!

すぐに飲む場合orプレゼントする場合

購入後に1~2日以内で飲んだりプレゼントに差し上げる場合は、光のあたらない暗所で保存して頂ければ問題ないです。

気温に関しても25度以上にならない季節であれば、常温での保存は問題ないです。

その一方で夏場で気温が30度以上になる場合は、冷蔵庫に入れてもokです。

ワイン
プレゼント用であれば化粧箱に入っているので、箱がしける可能性もあるので、夏場の1~2日程度の保存であれば、やはり涼しい場所に置くか、クーラーの効いた部屋での保存をおすすめ致します。

飲み残した場合

次にワインを飲み残してしまった場合の保存方法ですが、多くの方がコルク栓を元の状態に差し込んで戻す方が殆どかと思いますが、2~3日以内で飲み切る場合はそれでもokです。

ワイン
ただし飲み切るのに1週間程度かかる場合は、既存のコルク栓を使わずに、ワインストッパーで新たに栓をするのが良いです。

ワイン
理由は、ワインオープナーでコルクを引っこ抜いた時に、コルクの形がすでに変形してしまっています。よって再びそのコルクで詰めてもわずかな隙間が出来て、そこから空気が入る事でワインの酸化が始まるからです!

ワイン
よってこう言った密閉性と利便性を兼ね備えたワインストッパーも販売されているので、よくワインを飲まれるあなたは、美味しい味を保つ為に購入されても良いです。

>>100均で購入したワインのボトルキャップの使い方のレビュー記事はこちら

100均ワインボトルキャップ口コミ|使い方や逆さにしても漏れない?

長期的に未開封の場合

未開封のワインを長期保存する場合は、やはり適温度13~15度。湿度65~80%に保たれた専用のワインセラーで保存するのが一番ですが、1~2本などの本数が少ない場合は、なるべく北向きの陽があたらない、涼しい場所に保管するのがおすすめです。

【ポイント】

1.寒冷地の場合は防寒の為、新聞紙やタオルでくるんで保存するのがベスト
2.冷蔵庫で保存する場合は、新聞紙にくるんでさらにビニールを被せて保存するのが良い(理由は、遮光と匂い移り防止の為です。)
3.コルクの長期使用で痛んでいる場合があるので、段ボールの中で少しだけ斜め置きにして倒す事で、液漏れ防止の働きが有る

まとめ

以上の通り、ヴィンテージワインの正しい保存方法をシーン別にまとめてみました。

すぐに飲んだりプレゼントして差し上げる場合は、常温状態で、太陽の光が当たらない廊下での保存でokですが、

ワイン
未開封の場合は、温度や湿度に気を配る必要もあるので、本数が多い場合は、ワインセラー(安い物だと14,000円台から有る)に入れて、管理するのも1つの手段です。

なお一度コルク栓を開けてしまった場合は、冷蔵庫での保存がおすすめです。(その場合も2~3日中に飲み切ってしまうようにしましょう!)

これらの対策をする事で、開封後もまたは未開封の場合も、風味が損なわれにくい美味しいヴィンテージワインを、いつまでも楽しむ事が出来ますよー!

ワイン
現在ブログランキングに参加中です。"いいね""為になった""もっと良い記事を書いてね"と思ったあなたは、私への励ましの意味を込めて、以下のランキングバナーをクリックして頂ければ非常に嬉しいです。

にほんブログ村 グルメブログ フード&ワイン(グルメ)へ

スポンサードリンク

-保存方法
-, , ,

Copyright© 生まれ年ワイン名入れ.com|還暦・成人式・結婚・定年祝いにどうぞ , 2020 AllRights Reserved.